サブアド的なブログを書いていきます。

サブアドブログ

未分類

領域問題

投稿日:

au4GLTEが広まって、問題はあるのか??特定の領域に対して領域主権を有効に行使することができるような原因ないし根拠となる事実を領域権原という 。伝統的に、上の領域権原として、先占・添付・割譲・併合・征服・時効が挙げられてきた。これらは、原始取得としての先占と添付、承継取得としての割譲・併合・征服・時効に大別される。また分類の仕方によって、au4GLTEの双方行為による割譲と併合、一方行為による先占・征服・時効、自然現象による添付、というように分類されることもある。

 日本の領土問題として、本稿では竹島問題をめぐる日韓間の領土問題を採りあげたいと思う。竹島は、島根県隠岐島の北西約160km、韓国鬱陵島の南西90kmにある小さな諸島で、韓国名を独島(トクド)という。歴史的に、日本は古くより竹島(当時の松島)を認知していた。江戸時代の初期、竹島は鬱陵島渡航への寄港地、漁労地として利用されていた。1696年、鬱陵島周辺の漁業を巡る日韓間の交渉の結果、幕府は鬱陵島への渡航を禁じたが、竹島への渡航は禁じなかった。1905年、日本は竹島を島根県に編入し、竹島を領有する意思を再確認している。当時、韓国は日本の被保護国化しつつあり、日本の編入措置に抗議することはなかった。以上の事実に加え、戦後の連合国覚書も、日本国領土帰属の最終的決定と解釈されてはならない、と明記していることから、日本は、歴史的事実に照らしても、かつ上も竹島は日本固有の領土であると主張してきたのである。

ヤマダ電機 ワイマックス

-未分類

Copyright© サブアドブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.